万葉の草花を楽しむプロジェクト 四月定例会

万葉の草花を楽しむプロジェクトの四月定例会は、万葉の小路に植えている植物の名札を作りました。埋文センターなので、名札は木簡で作りましょう。ということで、ひらがなと万葉仮名で表記しました。

003_00003

こちらで書いたのはアジサイ、アサガオ、ハギなどです。

007_00007

ハギは新しい葉が出てきています。

008_00008

アサガオはキキョウとも言われています。キキョウも新しい葉が出てきていました。

002_00002

こちらではヤマブキです。

006_00006

ヤマブキは今花をつけています。


さて、それ以外の植物の様子を報告します。

010_00010

前回、三月の記事で「桃」を取り上げました。センターにも桃の木がありますが、花桃の様です。つぼみが少し開いてきました。

005_00005

オオムギは穂をだしています。

004_00004

ハスは浮き葉が出てきました。

012_00012

011_00011

カジノキではないか?と思われていましたが、雄花の様子からはコウゾの様な気がします。。。

009_00009

こちらは雌花の様ですね。センターでは雌花と雄花は同じ木に咲いていません。雌雄異株と言うそうです。

専門家の方に聞いてみないと種を判定することは難しいことを実感します。

さくらは散ってしまいましたが、万葉の小路にはいろいろな植物が大きくなり始めています。是非、徳島県埋蔵文化財センターまで見に来て下さい!!

広告

3月と万葉集 桃

桃(もも)

3月3日は桃の節句、ひな祭りとして親しまれている。古く奈良時代に中国から伝えられた風習の五節句の一つ“上巳の節句(じようしのせっく)”からきている。上巳とは「旧暦3月の上旬の巳の日を云う」。
中国では、この日、桃の花を愛で、水辺で体を清め、宴会を刺臓で祝い、災厄をはらうという風習があった。こうした行事と、日本に古代から伝わる譲蕨(みそぎはらい)の思想や、人形を飾ったり(ひぃな遊び)川に流す風習とが混じりあったと考えられる。桃の花は木偏と兆や百(モモ)の字に表されて、沢山の実を付ける事から多産を意味する縁起の良い花とされてきた。

  • ももの区分

(1)もも(桃)

(2)すもも(須毛毛・李)

(3)けもも(毛桃)-バラ科モモ属、中国原産

(4)やまもも暢梅)-ヤマモモ科、在来種で縄文時代の遺跡から核や種が出土。-時、やまももを毛桃と呼んでいた事もあった。

桃の万葉歌
(1)春の苑紅にほふ桃の花下照る道に出で立つ少女[大伴家持](19-4139)
(1)向つ峰に立てる桃の木成らめやと人そささやく汝力、心ゆめ(7-1356)
(1)桃の花紅色ににほひたる・・・・・・・・・(長歌)[大伴家持](19-4192)
(1)5-853序、17-1356序、19-4139序に桃の表示

(2)吾力潤の李の花か庭に散るはだれのいまだ残りたるかも家持(19-4140)
(3)(4)? はしきやき我家の毛桃本繁み花のみ咲きてならざられやも(7-1358)
(3)(4)? 我力塘の毛桃の下に月夜さし下心よしうたてこのころ(10-1889)
(3)(4)? 大和の室生の毛桃本繁く言いてしものを成らずは止まじ(11-2834)

五節句

人日(じんじつ)の節句(1月7日)上巳(じょうし)の節句(3月3日)端午の節句(5月5日)七夕(しちせき)の節句(7月7日)重陽(ちようよう)の節句(9月9日)