麦がすくすくと育ってますよ

IMG_6591

今年秋の古代体験まつりで子供たちが種まきしてくれた麦。背丈が40㎝を超えました!
これから寒くなるけど元気に伸びてね~(^_^)/

広告

万葉の草花を楽しむプロジェクト 5月定例活動報告

万葉の草花を楽しむプロジェクトの5月の定例会を行いました。

4月に作った植物を紹介する札を立てる予定だったのですが、万葉植物の周囲に雑草がたくさん生えてしまっていたので、草刈りをすることになりました。5月台風が過ぎ去った後で、朝は晴れていたのですが、お昼休み前に少し雨が降るなどち天気の変化に戸惑いながら、小一時間作業をしました。。。それで、疲れてしまって写真があまり撮れてません。。。

ですので、今見頃の万葉植物を紹介します。

タチバナ

DSC_0487

タチバナは、ミカン科ミカン属の常緑小高木です。6月頃に小さくて白い花を咲かせ、冬に実をつけるそうです。まだ5月ですが、花が咲き始めました。万葉集にはタチバナを詠んだ歌は72首もあります。

ムギ

DSC_0459

昨年の10月に種を巻いたオオムギですが、茶色になってきました。ボランティアメンバーが自宅の畑などにまいたものは、まだ緑色をしていますので、埋文のムギは早く成長しているのでしょうか。プランターで育てているので水切れしたのかもしれませんが。。。。

収穫後は麦わらをキレイにして、古代ものづくりプロジェクトが計画しているホタルカゴづくりの材料になる予定です。

ムギは万葉集には3首うたわれています。

馬柵(ませ)越しに、麦(むぎ)食(は)む駒(こま)の、罵(の)らゆれど、猶(なほ)し恋しく、思ひかねつも【第十二巻 3096 作者不明】

馬に食べられそうになっている様子を恋に絡めてうたっているようです。

楝(あふち 【センダン】)

センダン科センダン属の落葉高木の栴檀(せんだん)の古名です。たくさんのつぼみがついており、葉の薄い緑色との対比がとてもきれいです。秋には実をたくさんつけますが、食べられそうではないですね。

花が開花に向かうタイミングで台風が接近してきたので、大変心配だったのですが、なんとか切り抜けました。この週末か来週あけぐらいが満開になりそうです。

万葉集には4首で詠まれています。

DSC_0475

古代ものづくりプロジェクト 平成27年度4月定例活動報告

4/28(火)に、古代ものづくりプロジェクトの平成27年度最初の定例活動を行いました。
昨年度より計画を進めていた、まいぶん紙芝居について意見交換。

DSC_0356

演出について議論を交わしました。
特に、矢野銅鐸が埋まっていた状況について、どのように表現すると感動が伝わるか、パンフレットや展示室の埋納状況を見ながら検討を重ねました。
原画も増え、脚本もだんだんと仕上がってきました。

また、前回の活動報告でお知らせしたホタルかごづくりは、指導を担当するボランティアメンバーの技術も、自宅での練習で着々とあがってきました。その成果は、写真にある円柱状のホタルかごです。
実施時期はまだ正式決定ではないのですが、6月中旬から下旬になるとのことです。
詳細については、埋文センターからのお知らせをお待ちください。

「ホタルかご」づくりのイベントの際には、「まいぶん紙芝居」を公開できるように、作業を続けます。

SDIM0424_2

オオムギがまるまると実っています。緑が少し抜けはじめ、金色になりかけています。6月上旬に刈ってホタルかごの材料にします。

万葉の草花を楽しむプロジェクト 四月定例会

万葉の草花を楽しむプロジェクトの四月定例会は、万葉の小路に植えている植物の名札を作りました。埋文センターなので、名札は木簡で作りましょう。ということで、ひらがなと万葉仮名で表記しました。

003_00003

こちらで書いたのはアジサイ、アサガオ、ハギなどです。

007_00007

ハギは新しい葉が出てきています。

008_00008

アサガオはキキョウとも言われています。キキョウも新しい葉が出てきていました。

002_00002

こちらではヤマブキです。

006_00006

ヤマブキは今花をつけています。


さて、それ以外の植物の様子を報告します。

010_00010

前回、三月の記事で「桃」を取り上げました。センターにも桃の木がありますが、花桃の様です。つぼみが少し開いてきました。

005_00005

オオムギは穂をだしています。

004_00004

ハスは浮き葉が出てきました。

012_00012

011_00011

カジノキではないか?と思われていましたが、雄花の様子からはコウゾの様な気がします。。。

009_00009

こちらは雌花の様ですね。センターでは雌花と雄花は同じ木に咲いていません。雌雄異株と言うそうです。

専門家の方に聞いてみないと種を判定することは難しいことを実感します。

さくらは散ってしまいましたが、万葉の小路にはいろいろな植物が大きくなり始めています。是非、徳島県埋蔵文化財センターまで見に来て下さい!!

古代ものづくりプロジェクトの定例会です。

アワコウコ楽ボランティア倶楽部の「古代ものづくりプロジェクト」の定例会を開催しました。

前回、メンバーから提案のあった「まいぶん紙芝居」について企画会議を行いました。
銅鐸や竪穴式石室について、報告書や写真を使って研究し、どのように表現したらいいかを検討しました。

2015-03-24 10.03.47

まいぶん紙芝居の企画会議です。

その後は、平成27年度の活動に向けての実践的研修です。
昨年10月に開催した古代体験まつりで種を植えた麦の麦わらを使って、ホタルかご作りをするイベントを企画することになりました。

2015-03-24 11.06.47

【昨年10月末に種まきした麦です。だいぶ大きくなってきました。もうすぐしたら穂が出てきます。】


とはいえ、ボランティアメンバーもでホタルかご製作の経験があるのは一人なので、急きょ作ってみることにしました。

2015-03-24 11.11.20
麦わらは昨年収穫したものなので、作っていると乾燥しすぎてパリパリと割れてしまいます。水で濡らして少し柔らかくすると割れは少なくなりますが、今度は軟らかくなり過ぎて形が崩れてしまいます。
しばらく各自で練習することになりました。

2015-03-24 11.11.06

ホタルかご作り体験は、ホタルのシーズン前に開催予定です。

2015-03-24 10.44.02

目指すホタルかごです。


2015-03-24 11.29.40

麦の「わらしべ」です。欲しい人と物々交換すると、いいことがあるかもしれませんね。