バスツアー「県南の遺跡を見に行こう!」楽しく無事に終了しました!

kIMG_9057

大型バスに乗って、一路 県の最南端へ!

kIMG_9059m

バスに揺られている3時間、遺跡案内人ボランティアによる説明や、いろいろな話をしました。
ご参加のみなさんも熱心に聴いて下さいました(^-^)
※プライバシー保護のため、画像処理をしています。

kIMG_9063

海部城の麓に到着!お城といえばこの人、S藤さんによる解説!
この地域の領主、海部氏による築城。

DSC_1951

ふつうのツアーでは行かないような場所を訪ねま~す( ´艸`)
かなりハードな山登りでした~。

 

kIMG_9070

阿波海南文化村でお弁当をたべて、海陽町立博物館を見学し、次は美波町のJR由岐駅2階にある「ぽっぽマリン展示室」へ。
ここには郷土資料のほか、縄文時代の「田井遺跡」のパネルや遺物のレプリカによる紹介コーナーがあります。入場無料なので、皆さんもぜひどうぞ!
このあと、田井遺跡の遺構保存施設へ。
そこでは5000年前の地面がそのままの姿で保存されています!

kIMG_9084

阿南市日開野町の皇子山古墳群へ。
3基の古墳があり、ひとつは横穴式石室の中を見ることができます。
古墳時代後期、約1500年前に築造されたもので、当時は周りを海に囲まれた島だったと考えられています。

kIMG_9085m

さいごは小松島市の弁慶の岩屋古墳。
約1400年前のもの。
古墳の盛土が流されて、石室の巨石が露わになってます(゚〇゚;)
源義経がこのあたりに上陸し、その時に弁慶が石を積んだという言い伝えが古墳の名称となってます。

ご参加のみなさまのおかげで、事故もなく、充実した一日になりました。天気も最高でした!
ボランティア一同、次年度はますますアクティブに活動していきたいと思います(^_^)/

広告

バスツアーの下見に南へ行ってきました(^-^)

 

kIMG_6521

板野のセンターを出発して2時間半。県の南端にある海部郡海陽町に到着。
ここは戦国時代に海部(かいふ)氏という有力武将が守っていた地域です。

元亀年間(1570~1573年)、海部左近将監友光の築城によると伝えられる海部城です。

kIMG_6507

前回来たときは木々が生い茂り、蚊も飛び回ってたいへんでしたが、季節的に歩きやすくなりました(^_^;)

kIMG_6508

城からは太平洋がみえます。
海上ルートと海部川の往来を押さえ、海と川をつなぐ鞆の港を守る海の城ですね!

kIMG_6524

県指定史跡第1号の大里古墳。石室の崩落防止のため土のうが詰められ、中が見られませんでした(*_*)

kIMG_6564
kIMG_6535

阿南市文化会館で行われている「朱を考古学する」の展示に立ち寄りました。担当のMさん、ありがとうございましたm(_ _)m

3月にバスツアーを予定しています。
こまかな日程や参加方法などはまだ決まっていませんが、このブログ、または(公財)徳島県埋蔵文化財センターのホームページ(http://www.tokushima-maibun.net/)、イベントのチラシ・ポスターでお知らせします。こまめにチェックして下さいね!