アワコウコ倶楽部総会(6月)

6月15日、すべてのプロジェクトのメンバーが集まっての会合。

6月12日に行われたホタルかごづくりについて、物づくりプロジェクトのメンバーから報告があったあと、今年の現地研修の計画や本会に入会を希望する人が紹介されました。また今年度行う「2016夏休みおもしろ古代体験」についてセンター職員から話がありました。7月の第1週に、各学校や施設に案内が届くとのこと。今年は新メニューがありますので、皆さんお楽しみに~\(^0^)/。

話が終了したあと、遺跡案内人プロジェクトのメンバーから「大坂口番所」についての講演会がありました。阿波国には番所跡が56ヶ所あり(淡路には21ヶ所)、その中のひとつが大坂口番所となります。大坂口番所を通りすぎ、讃岐との境に設けられたのが碁浦番所で、現在は国道11号線が通っているとのこと。大坂峠を越えて讃岐の引田浦や三本松から、多くの魚が徳島市内の魚問屋に運ばれ、徳島城下に住む人々の食卓にのぼっていたそうです。

IMG_5864

知っているようで知らないところもある大坂口番所に、みなさん聞き入ってました。

総会

講演をきいて、今も残っている大坂口番所を訪れたい気持ちがふつふつと。

後日、万葉プロジェクトの方から、この大坂峠をこえて徳島から香川へ至る道が「歴史の道100選」に入っている事を教えていただきました。今は草の成長が著しいときなので、季節の良い秋・冬に通ってみたいと思います(*^_^*)。

広告

遺跡案内人5月定例会

4月の定例会では、平成28年度の活動計画を考えました(その様子を報告することができませんでしたが・・・・(>_<))。

話し合いの中で「撫養街道沿いの遺跡の勉強をしてみては?」との提案があり、5月の定例会で各自でテーマを決めて意見を持ち寄ることにしました。

徳島県埋蔵文化財センター発行のパンフレットに、文化財を紹介したMapが3枚あります。そのうちの一つが『阿波南海道百景』で、県道12号鳴門池田線を中心に板野から鳴門にある遺跡を紹介しています。遺跡以外の情報もいろいろ掲載しており、見てると楽しいMapです~♪♪♪。

そのMapに掲載されている遺跡の中に、まだまだ知らない遺跡があることから、これを元に勉強を進め、知識を深めていくことになりました(*^_^*)。板野町の史跡解説シートは数年前に作成しましたが、さらにパワーアップした遺跡案内人をめざします(^O^)/。

160511

 

バスツアー「県南の遺跡を見に行こう!」楽しく無事に終了しました!

kIMG_9057

大型バスに乗って、一路 県の最南端へ!

kIMG_9059m

バスに揺られている3時間、遺跡案内人ボランティアによる説明や、いろいろな話をしました。
ご参加のみなさんも熱心に聴いて下さいました(^-^)
※プライバシー保護のため、画像処理をしています。

kIMG_9063

海部城の麓に到着!お城といえばこの人、S藤さんによる解説!
この地域の領主、海部氏による築城。

DSC_1951

ふつうのツアーでは行かないような場所を訪ねま~す( ´艸`)
かなりハードな山登りでした~。

 

kIMG_9070

阿波海南文化村でお弁当をたべて、海陽町立博物館を見学し、次は美波町のJR由岐駅2階にある「ぽっぽマリン展示室」へ。
ここには郷土資料のほか、縄文時代の「田井遺跡」のパネルや遺物のレプリカによる紹介コーナーがあります。入場無料なので、皆さんもぜひどうぞ!
このあと、田井遺跡の遺構保存施設へ。
そこでは5000年前の地面がそのままの姿で保存されています!

kIMG_9084

阿南市日開野町の皇子山古墳群へ。
3基の古墳があり、ひとつは横穴式石室の中を見ることができます。
古墳時代後期、約1500年前に築造されたもので、当時は周りを海に囲まれた島だったと考えられています。

kIMG_9085m

さいごは小松島市の弁慶の岩屋古墳。
約1400年前のもの。
古墳の盛土が流されて、石室の巨石が露わになってます(゚〇゚;)
源義経がこのあたりに上陸し、その時に弁慶が石を積んだという言い伝えが古墳の名称となってます。

ご参加のみなさまのおかげで、事故もなく、充実した一日になりました。天気も最高でした!
ボランティア一同、次年度はますますアクティブに活動していきたいと思います(^_^)/

バスツアーの下見に南へ行ってきました(^-^)

 

kIMG_6521

板野のセンターを出発して2時間半。県の南端にある海部郡海陽町に到着。
ここは戦国時代に海部(かいふ)氏という有力武将が守っていた地域です。

元亀年間(1570~1573年)、海部左近将監友光の築城によると伝えられる海部城です。

kIMG_6507

前回来たときは木々が生い茂り、蚊も飛び回ってたいへんでしたが、季節的に歩きやすくなりました(^_^;)

kIMG_6508

城からは太平洋がみえます。
海上ルートと海部川の往来を押さえ、海と川をつなぐ鞆の港を守る海の城ですね!

kIMG_6524

県指定史跡第1号の大里古墳。石室の崩落防止のため土のうが詰められ、中が見られませんでした(*_*)

kIMG_6564
kIMG_6535

阿南市文化会館で行われている「朱を考古学する」の展示に立ち寄りました。担当のMさん、ありがとうございましたm(_ _)m

3月にバスツアーを予定しています。
こまかな日程や参加方法などはまだ決まっていませんが、このブログ、または(公財)徳島県埋蔵文化財センターのホームページ(http://www.tokushima-maibun.net/)、イベントのチラシ・ポスターでお知らせします。こまめにチェックして下さいね!

遺跡案内人プロジェクト9月例会が行われました。

今回の議題は年度末に予定している県南方面へのバスツアーについて、見学先やルートのあらましを決めるところまで進みました。
IMG_4634

その後、いま開催中の「長国の埋蔵文化財in埋文センター」では県南部の遺跡を紹介しているので、予習ということで見学をしました。
IMG_4372

県内遺跡のバスツアー、2回目の下見

報告が遅くなりました。

7月8日(水)、遺跡案内人ボランティアメンバー4名と埋文センター職員で、バスツアーの下見。雨が降ったりやんだりのあいにくのお天気で、足下に気をつけながら県南部の美波町由岐、阿南市、小松島市の展示施設や古墳、お城をめぐってきました。

IMG_3017

IMG_2990

IMG_3018
JR由岐駅のぽっぽマリン2階にある展示施設。縄文時代のけつ状耳飾りなどが出土した田井遺跡や由岐地区の歴史・民俗について展示しています。入場無料。

IMG_3030

IMG_3031

自動車専用道路の下に保存された田井遺跡。

IMG_3047

戦国時代は新開氏が拠った牛岐城跡。江戸時代には富岡城と改名され、阿波九城のひとつとなりました。いまは公園となり頂上には石垣の一部が保存されています。

IMG_3060

IMG_3063

阿南市の能路寺山古墳です。石室ののこりは良いのですが、大型バスでは近くに停めることもできないので、コースに組み込むのは難しいかも。。。

IMG_3069IMG_3071

小松島市にある弁慶の岩屋古墳。石舞台古墳のように横穴式石室の石材が露出しています。付近は義経が上陸したという伝説があり、力持ちの弁慶が作ったのではないかということから名付けられたようです。

徳島県南部の遺跡めぐりツアーに向けての下見【遺跡案内人プロジェクト5月定例会】

徳島県埋蔵文化財センターでは、毎年1回は遺跡めぐりイベントを実施してきました。その際に、遺跡案内人プロジェクトは、企画段階から参加し、対象となる遺跡の選択や現地の下見、案内内容の検討などを徳島県埋蔵文化財センター職員と共同作業を行っています。

平成27年度も同様に遺跡案内イベントを開催することになり、私たちがこれまで足を踏み入れていなかった徳島県の南部地域の遺跡を対象とすることになりました。

そのため、遺跡案内人プロジェクトの5月の定例会は、対象地を絞り込むための現地下見を行いました。

道の駅日和佐

DSC_0505

板野町にある徳島県埋蔵文化財センターを出発して、約1時間30分で美波町の道の駅日和佐に到着。薬王寺のすぐ近くです。トイレなど休憩場所を調べるのも下見の重要なポイントです。

海部陣屋

DSC_0514

海部城跡を目指して海陽町まで移動。海部城跡は50m程度の丘陵城にあるという事で、登る場所を探していると、海部陣屋を示す石碑がありました。写真の左奧の階段は、津波から避難するために設置されたようですが、海部城跡を登っていくポイントでもあるようです。

DSC_0516

いろいろはしょって、主郭まで来ました。案内の看板などがなく木が生い茂っていて、道も狭いことからなかなか苦労します。バスでツアーとなって50人規模を案内することには不安を覚えます。下から見上げるぐらいがいいのかもしれません。

大里古墳(2号墳)

DSC_0526

徳島県南部を代表する後期古墳としてしられる大里2号墳ですが、石室が崩壊の危険があるようで、かなり大胆な補強がされていました。鉄パイプや土嚢で崩壊を防ぎ、石室上部はブルーシートが被せられていました。

徳島県埋蔵文化財センターホームページでは、石室内部はこのような状態だそうです。

大里古墳については、海陽町立博物館の展示で詳しく紹介されていますので、立ち寄ってから博物館で学ぶという形になるでしょうか。

海陽町立博物館

阿波海南文化村の博物館で、海部刀・大甕に収納された7万枚の銅銭、大里古墳について常設展示されています。

DSC_0528

DSC_0529

芝生がきれいです。こちらは、県南の遺跡を巡るには押さえておくべき施設ですね。


お昼ご飯を食べて、北に移動します。

田井遺跡【美波町】

徳島県埋蔵文化財センターが発掘調査した遺跡で、現地には関連施設が作られています。

DSC_0545

施設は普段は施錠されています。JR由岐駅横の由岐公民館で鍵を貸してもらって入室します。

DSC_0539

DSC_0538

内部は、遺跡の様子を再現しています。普段締め切っているためか、カビのようなにおいがしました。


次はもう少し北に向かって、阿南市の古墳を巡ります。

国高山古墳

DSC_0551

県南最大の前方後円墳としてしられる国高山古墳です。古墳の形は何となく分かります。バスなど大きなクルマであれば、降車してから少し歩く必要がありそうです。 

DSC_0548

後円部から前方部を見た様子です。

学原剣塚古墳

古墳時代後期の横穴式石室墓です。標高約40mの尾根状に位置しているのですが、位置がすぐに確認できず、迷ってやっと発見できました。草が多い時期に見に行くのは難しそうです。

DSC_0554


というわけで、17:15ごろ、徳島県埋蔵文化財センターに帰着しました。

今回県南部地域での最初の下見でした。県南地域にはもっと多くの紹介したい遺跡があるのですが、なにぶん移動時間が長いこと一番の問題であることがわかりました。

今日の下見に参加したボランティアメンバーが感じたことや意見を、次回の定例会で議論する予定です。