古代ものづくりプロジェクト6月の定例活動報告

今日の例会では、夏休みおもしろ古代体験で行う組紐のワークシート作成を行いました。メンバーの一人が説明文章・構成を考え、それにあわせて組紐を行っている写真を撮っていきました(*^_^*)。少しでもわかりやすい説明を目指して協議を重ね、あとは文章と写真を組み合わせて、出来あがりを確認です。

また7月に草木染めの体験が入り、その準備を7月10日(日)に行うことにしました。草木染めに関しても、ハンカチだけでなくショールなど、バリエーションを増やしてみてはどうか、と提案がありました。

次回の例会は7月19日。夏休みの体験に向けて最終確認です(^o^)。

*今日からメンバーが一人増えました~♪♪♪\(^0^)/。これからも仲間が増えてくれるといいな(*^_^*)

 

 

 

広告

アワコウコ倶楽部総会(6月)

6月15日、すべてのプロジェクトのメンバーが集まっての会合。

6月12日に行われたホタルかごづくりについて、物づくりプロジェクトのメンバーから報告があったあと、今年の現地研修の計画や本会に入会を希望する人が紹介されました。また今年度行う「2016夏休みおもしろ古代体験」についてセンター職員から話がありました。7月の第1週に、各学校や施設に案内が届くとのこと。今年は新メニューがありますので、皆さんお楽しみに~\(^0^)/。

話が終了したあと、遺跡案内人プロジェクトのメンバーから「大坂口番所」についての講演会がありました。阿波国には番所跡が56ヶ所あり(淡路には21ヶ所)、その中のひとつが大坂口番所となります。大坂口番所を通りすぎ、讃岐との境に設けられたのが碁浦番所で、現在は国道11号線が通っているとのこと。大坂峠を越えて讃岐の引田浦や三本松から、多くの魚が徳島市内の魚問屋に運ばれ、徳島城下に住む人々の食卓にのぼっていたそうです。

IMG_5864

知っているようで知らないところもある大坂口番所に、みなさん聞き入ってました。

総会

講演をきいて、今も残っている大坂口番所を訪れたい気持ちがふつふつと。

後日、万葉プロジェクトの方から、この大坂峠をこえて徳島から香川へ至る道が「歴史の道100選」に入っている事を教えていただきました。今は草の成長が著しいときなので、季節の良い秋・冬に通ってみたいと思います(*^_^*)。

盛況だったホタルかごづくり

 

6月12日(日)、ものづくりプロジェクト主体でホタルかごづくりを開催いたしました。参加者の方は31名で、付き添いの方も含めると大勢の方が参加して下さいました\(^_^)/。

紙芝居 「カーン、カーン、カーン」

拍子木の音から始まったほたるかごづくり。最初に、歴史の流れを紙芝居で見てもらいます。次ぎにムギのちょっとした歴史を聞き、いよいよおかちかね!

ホタル説明2作り方の説明をうけて、

ほたるかご全体いよいよホタルかごづくりへ!

ほたるかご2ほたるかご3ほたるかご4みんな、一生懸命(^O^)♪

それぞれ、きれいに作れています(o^^o)

ホタルかご最後 最後の仕上げを、聞きながら。

完成 完成!

遠方から来て下さった方もいらして、ほんとうにありがとうございました。

今回は物づくりプロジェクトだけでなく、他のプロジェクトに参加している方にも準備段階からお手伝いいただきました。おかげさまで無事終えることができ、ありがとうございました(*^_^*)

来年もこのプロジェクトをしたいと考えていますので、今回参加できなかった方、またもう一度作りたいと思った方、来年度のご参加をお待ちしておりま~す\(^0^)/

古代ものづくりプロジェクト5月の定例活動報告

5月24日、夏休みの古代体験イベントについての予定調整の他、次の活動を行いました。

ほたるかごをつくろう

6月12日(日)に開催予定のホタルかごづくりの打ち合わせをしました。

今年は、ホタルかごづくりのワークシートを作成することに。わかりやすく、見やすいワークシートを目指して、あーでもないこーでもないと協議を重ね、写真を撮り直し、人にわかりやすく伝えることは難しい・・・と実感しながら完成!(^o^)

センターで栽培したオオムギでは量が足りないので、メンバーが自宅で育てたオオムギを収穫し、そのワラを持ち寄って材料にします。当日使用するムギワラも、準備OK~(^^♪。

準備した麦わら

6月12日、皆様のご参加をお待ちしております~\(^o^)/。今年のホタルは、どうでしょうか。多く飛び交ってほしいですね。

夏休みの古代体験

ものづくりプロジェクトでは、組紐と草木染めをします。これまでと異なった材料で組紐をしてみては?と、ヘンプとよばれる麻の紐で実験。ボリューム感があり、雰囲気もよいのですが、いつも使用している糸と異なり、すべりが悪く、ちょっと編みにくい・・・(ToT)。体験では、編みやすいほうがいいでしょうということで、従来の糸ですることにしました。

せっかくなので、ヘンプを使った組紐はセンター催し物のお土産に・・・(*^_^*)。

作業風景

 

ホタルかご作りに向けて始動!

 

IMG_0022

昨日、立派に実った麦を万葉プロジェクトの方が持って来てくれました。今日はその麦と先日刈った埋文センターの麦を、ものづくりプロジェクトのメンバーで選別しています。

IMG_0018

さらに選別した麦を、ホタルかご作りに適した長さに切りそろえ、表面を剥いていきます。この麦は大麦で、表皮を取り除くと艶がでてピッカピッカ。ものづくりメンバーの努力&根気の賜物です(*^O^*)。

きれいな麦ができましたので、ホタルかごづくり、楽しみにしてくださいね~♪( ^o^)ノ

「やのさん人形」作っちゃいました!

IMG_6382k

ものづくりプロジェクトのメンバーが、センターのゆるキャラ「やのさん」(矢野銅鐸の妖精で子供たちのアイドル)を手のひらサイズの人形に仕上げました!
キハダで染めた布、組紐、収穫した綿を使っているので、ボランティアが作り上げてきた技の結晶ですね。
IMG_6384

↑  「やのさん」です!(^o^)

ホタルかごコレクションで~す

IMG_6112k

古代ものづくりプロジェクトのメンバーで作っているホタルかご。
素材となる麦わらをキハダ(黄色)やスオウ(朱色~紫)で染めたり、リボンやお星さまで飾りつけ!
どんどんと進化していくホタルかご。
ホタルが飛び交う季節はまだまだ先ですが、お部屋のインテリアとしても使えますねっ!
あっ、この形はクリスマスツリーにもなりそうです~(^^♪