万葉の小径のヤマアジサイが咲いています。ワスレグサ、ホタルカゴの話題も少し

アワコウコ楽ボランティア倶楽部の活動報告ブログのはずだったのですが、2回ほど活動報告を飛ばしていました。

そこで今回は不定期活動の報告です。

万葉の小径計画でヤマアジサイが咲きました。

DSC_0234_00002

万葉集では2首歌われているアジサイです。万葉の小径では、アジサイの亜種とされるヤマアジサイが小さな花を咲かせました。シチダンカと呼ばれる品種のようです。

  • 巻第二十 4448
  • あぢさゐの八重咲くごとく八つ代にをいませ我が背子見つつ偲はむ【橘諸兄】

アジサイの花が幾重に重なるように、いつまでも栄えてください という願いの歌でしょうか。

DSC_0235_00003

ワスレグサの鉢植えをおきました

忘れ草はユリ科ワスレグサ属の多年草です。ヤブカンゾウやノカンゾウなどカンゾウの仲間です。

  • 巻第三 334
  • 忘れ草我が紐に付く香具山の古りにし里を忘れむがため 【大伴旅人】

忘れ草を私の紐に付けましょう、香具山の古里を忘れられるように。

DSC_0241_00007

とりあえずは玄関に鉢植えをおいています。

麦わら染色を試しました。

古代体験で、キハダやスオウを使ってハンカチなどの草木染めをしていまして、それを使ってムギを染色することができるか試してみました。

DSC_0237

黄色いのはキハダ、赤いのはスオウで染めた麦わらで、ホタルカゴをつくってみました。なかなかおもしろいものに仕上がったと思います。

広告

おもしろ古代体験「ほたるかごづくり」を開催しました。

徳島県埋蔵文化財センターで古代体験イベント 「ほたるかごづくり」を行いました。

DSC_0143

使用するコムギのワラは、少し硬く折れやすいので、作業前に水に浸して軟らかくします。

作業前に、徳島県埋蔵文化財センターについて紹介します。ボランティアメンバーが作成した紙芝居で、埋蔵文財センターの常設展示施設の内容を説明しました。語りや演出もボランティアのメンバーが行っています。

DSC_0156

編む作業は一時間ぐらい。ワラにもいろいろあって、軟らかくて編み易いもの、滑りやすくて形を整えるのが難しいもの、折れやすいもの。それもで参加者の皆さんは、夢中でカゴを作り上げました。

DSC_0188

DSC_0148

DSC_0150

今回のほたるかごづくりは楽しく実施することができました。

このイベントの問題は、材料となる麦わらの入手が難しいので、次回開催するのは来年でしょうね。それまでにまた新たなムギを種から育てようと思います。

平成27年6月21日のハスの開花の様子です。

徳島県埋蔵文化財センターのハスは、6月21日(日)の朝の時点で、3つの花が咲いています。二つは21日に新たに開いたので、明日、明後日までは観賞できるでしょう。

今日は、ほたるかごづくりも予定されています。午前中に参加される方には可憐な花の様子をご覧いただけるでしょう。午後の方は、ごめんなさいね。。。(22日は休館日ですが、敷地内には徒歩なら入ることができます。埋蔵文化財センターの職員はいますので、見かけたら一声かけてもらうとよいようです。)

DSC_0140

DSC_0133

ツボミはもう少し残っています。7月上旬までは順次咲いていくのではないかと予想されます。お楽しみに。。。

埋蔵文化財センターのハスのつぼみです

徳島県立埋蔵文化財総合センターのハスの花、一輪目が咲いたレポートをしたのですが、それに続く花のつぼみが増えてきました。大賀ハスについては、つぼみは出たのですが、残念ながら咲くことのないまま痛んでしまいました。やはり、立ち葉も出てない状態だったので早すぎたのでしょう。現在では、立ち葉が少し出てきたので、少しだけ期待したいです。

その他のつぼみは、大賀ハスの種を発芽させて育てた「大賀ハスの子孫」と呼んでいるものです。種から育てると、少し特徴が異なるようで、徳島県立埋蔵文化財総合センターでは2種類に分類されます。見慣れてくると、つぼみの段階で、どちらの種類かが分かってきます。

DSC_0125

まず、花の色が赤に近いピンクで、花びらの条線がくっきりしていて、花弁の形がシャープな印象のある、花の直径が15cm程度のものです。葉はザラザラしています。毎年早い時期に咲いていたのですが、今年は少しのんびりして6月半ばになってようやっと確認されるようになりますした。咲くのは来週頃になるでしょうか。

DSC_0126

もう一つは、先日一輪咲いた、花の色が淡いピンク色で、花弁の条線は曖昧、花弁の形は丸みがあって、花の直径は20cm程度、形はお椀の様になるものです。葉の手触りはツルヌルという感じです。この種類は、ふくらんできたつぼみが2~3個ありまして、今週末には咲くのではないかと推定されます。

2013年は6月末に最初の花が咲いて、それ以後200個ぐらいの花が咲きましたので、もう少し期待しながら待ってみたいと思います。

今年最初の花が咲きました。

徳島県立埋蔵文化財総合センター玄関で栽培しているハスですが、平成27年6月10日(水)に今年の最初の花が咲きました。

大賀ハスの種から発芽させたものです。大賀ハスよりも薄いピンク色で、ふんわりと丸い印象があるかわいらしい花です。

DSC_0078

DSC_0077

花が咲いた時期が6月初旬で、昨年とあまり変わりません。ただ、葉の育成状況はあまりよくありません。つぼみは今のところあと4つぐらいは確認されています。2年前のように200を超える勢いで花が咲くわけではなさそうなのが残念ですが、そのぶん一つ一つの花を愛でたいものです。。。

大賀ハスもツボミが出てきました。

大賀ハスの子孫

徳島県埋蔵文化財センター玄関前のハスの水槽は10個あります。そのうち2つからツボミが出てきているのを確認しました。これまでは立ち葉が生い茂るような状態で初めてツボミが出てくるのですが、今年はそれほど背が高くないうちからツボミが出てます。毎年生育の特徴が違うのが不思議です。これは「大賀ハスの子孫」です。

DSC_0006

この水槽には3つのツボミがあります。写真では2つ確認できます。

DSC_0007

こちらの水槽では一つ目が確認されました。

大賀ハス

大賀ハスは、玄関前とは違う場所で育成しています。岡山県の吉備大賀ハス保存会から託された大賀ハスの蓮根から育てている「大賀ハス」です。今年は育成2年目です。昨年は3つの花を楽しむことができました。今年は育成用の水槽を2つにして、大賀ハスの株を増やしています。

その大賀ハスですが、こちらもツボミが出てきました。なぜか立ち葉が一つも出てないので、正直驚きました。

ツボミが出ても咲かない場合もあるので、しばらく見守りたいと思います。

DSC_0005

浮き葉は大きくなってきました。

DSC_0004

大賀ハスのツボミです。ちょっと早いような気がして心配です。